家族のための終活

最近は、「終活」をする人が増えています。その原因は、少子高齢化だと言われています。残される家族に負担が掛からないようにと、元気な内から終活をしています。

墓石選びをしておこう!終活の3つのポイント

合掌

終活とは?

終活は、自分の死と向き合うことで、老後の生活を有意義に過ごす方法です。自分の人生を振り返ったり、残される家族のことを考え、余生の整理をしていきます。また、やり残したことなどを書き出し、残りの人生で成し遂げている人も多くいます。最近は、終活という言葉が有名になり、定年を迎えたことを期に終活をするようです。

遺族の負担の軽減

エンディングノートは、終活で最も大切です。残される家族のために、葬式や財産などについてつづります。そうすることで、自分が亡くなった後でも、遺族に自分の意志を伝えることができます。また、墓石や位牌などの値段を確認し自分で選んでおくことで、家族の負担を軽減させることも可能です。元気な内から終活をしておくことが大切です。

終活の注意点

大阪で終活をすることで、遺族の負担を軽減することができますが、2つ注意点があります。一つは、詐欺や悪徳商法に気を付けることです。最近は、終活をする人が多くいるため、終活をサポートする業者が多くあります。その中には、高齢者の弱みに付け込み詐欺行為を行う業者もあるので、気を付けましょう。二つ目は、一人で全てを決めないことです。一人で決めると、葬儀内容が不一致や墓石の二重購入となり費用が高くなります。そのため、家族との相談が大切です。

[PR]
葬式は大東市の業者へ
最後のお見送りはしっかりと

終活はした方がいいの?

終活をする

終活をすることによって、自分の意志を遺族に伝えることができるので、おすすめです。また、しっかり終活することで、老後を有意義に過ごすことができます。

終活しない

終活をしない方が良いと考える人も、少なくありません。人は、死んでしまうことを考えると、寿命が縮まると言われています。そのため、終活をしない方もいます。

話合うことが大切!

この様に、終活に対して様々な意見があります。終活で死後のことを全て決めてしまうことで、子供が親孝行できなかったと、感じることもあるようです。そのため、終活をする際には、家族としっかり話合いましょう。

終活の流れ

エンディングノートを書く

初めはエンディングノートを書きましょう。エンディングノートは遺言書のような法的拘束力はありません。そのため、遺族に向けた備忘録として、利用できます。保険や年金、口座などの情報や、貴重品の保管場所、財産や葬儀のことなどをエンディングノートに書いておきましょう。また、独り身の方などは、プロフィールや家族関係などを細かく書いておくことで、病院側もスムーズな対応ができます。

荷物の整理をする

葬儀後に遺品整理がしやすように、荷物の整理をしておきましょう。貴重品の保管場所や遺産にあたる物などを分かりやすく分けて置くと、遺族の負担が減ります。最近は、生前整理を行っている業者も多くあるので、ぜひ利用してみましょう。整理をすることによって、第2の人生を楽しむことができます。

遺言書を書く

身の回りの整理が終わると、遺言書を書いていきます。遺言書は、書き方を間違えてしまうと、遺言書として認められないので、気を付けましょう。遺言書を書く前には、種類の把握が大切です。正式な形式は「普通方式」「特別方式」の二種類があります。手書きだったり、役所で作成だったり、それぞれ書き方が異なるので、注意しましょう。

お墓を決める

余裕がある場合には、お墓も決めておきましょう。お墓にも「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」「永代供養墓地」の4種類があるので、自分に合った墓を探しましょう。また、その際には、墓石や位牌なども一緒に選んで置くと良いでしょう。費用なども考えながら、宗派や土地条件、設備、環境などを考えて、お墓を選びましょう。

有意義な時間を送る

終活が終われば、やり残したことをやってみましょう。最近は、終活後に思い出の地を旅行する人が多くいます。旅行に行くことによって、思い出も増えますし、場所によっては、リラックスすることもでます。また、料理や運動などの趣味を始める人も多くいます。残りの人生を悔いなく過ごせるように、趣味を見つけましょう。

[PR]
位牌の値段が安い通販へ
購入ガイドを要チェック!