魅力について

サイバーナイフとは

先生

サイバーナイフとは、頭領域のがんや腫瘍に用いられる放射線治療装置です。病巣部に対して集中的に放射線を照射する事が可能であり、正常組織を可能な限り温存させることができます。サイバーナイフの装置が開発される以前には、類似した装置が古くから存在していました。現在でもその装置は臨床現場で稼働しているのですが、その装置の欠点を克服したのがサイバーナイフと言えます。 類似した装置では、病巣部に集中させるためには人の動きが課題でありました。そのため、頭蓋骨に金属のボルトやフレームで固定しなければならない処置を必要としました。しかし、サイバーナイフでは、課題を装置の自動追尾機能によって克服したものとなります。さらに、頭専用の放射線治療装置だけでなく全身の病巣部照射も可能としています。現在では、頭部と頚部の限られた放射線照射しか保険適応が認められていませんが、今後さらに適応疾患範囲が広まることに期待が寄せられます。

治療可能な医療機関

サイバーナイフは、頭頸部の放射線治療には非常に治療成績の良い装置となっています。しかし、適応疾患であればだれでも受けられる治療ではありません。装置の設置台数は全国でわずか数十台となっており、都道府県に一台有るか無いかの現状となっています。 がんや腫瘍が発見された場合、早期に治療開始を行うケースも多く、サイバーナイフ以外の治療も考慮されるものとなります。仮に、サイバーナイフにおける治療適応な疾患であり、その選択肢があるのであればセカンドピニオンあるいは設置医療機関への紹介によって施行される経緯となります。サイバーナイフの施行では、入念な検査から術前計画が必要であり、さらには数日間にわたる放射線照射を行う場合もあります。最新と言えど従来の放射線治療と変わらぬ対処が必要となります。