症状に気づきにくい

肝臓がんの治療について

病院

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状が無くても症状が重症化する事で知られています。肝臓がんには肝臓自体に出来るがんと胆管に出来るがんに別れますが、肝臓に出来るがんが90%を占めています。肝臓がんの主な原因はウィルスによるものです。特に肝臓がんの60%がC型肝炎によるものだと言われています。肝臓がんの治療は、手術治療以外にも障害の程度により様々な治療法があります。がん治療の費用は高額ですが、肝臓がんの治療のほとんどは高額療養費制度の適応となっています。治療前に病院に申請しておく事で、病院で支払う段階から医療費を差引いて貰えます。まとまった金額が用意出来ないという方は初めに申請しておくと良いでしょう。

治療内容も年々変化している

肝臓がんにならない様にする為に、肝炎の段階から治療していく事が重要となります。自分が肝炎になっていても、上述した様に自覚症状がほとんどない為に重度化するまで気がつかない事が良くあるでしょう。その為、検診を受ける事が重要です。自治体によっては無料で検査を行なっている所もあります。住んでいる自治体に問い合わせてみましょう。C型肝炎の治療はインターフェロンと呼ばれる薬剤を点滴という形で投与する方法が一般的です。しかし、週に何度も通う必要がある等、患者さんの負担は大きくなるでしょう。近年では内服薬だけで治療が行える様になってきています。肝炎ウィルスの治療が進めば、肝臓がんで悩む人も少なくなるでしょう。