自分に向いている葬式が見つかる!葬式の種類とは?

葬式を選ぶことができる?

最近は、葬式にも多くの種類があり、自分の希望や遺族の想い、事情によって、葬式の種類を選ぶことができます。多くの人に見送ってもらう一般葬から、形式にとらわれないお別れ会など、様々あるので確認してみましょう。

葬式の種類をチェック

  • 一般葬
  • 社葬・合同葬
  • 家族葬
  • 密葬
  • 一日葬
  • 直葬
  • お別れ会

自分に向いている葬式が見つかる!葬式の種類とは?

ロウソク

一般的な葬式とは?

一般葬では、遺族や親族だけでなく、友達や職場の方、面識のある方など、多くの人が参列するため、遺族には負担が掛かってしまいます。しかし、故人と関わってきた人達が、お別れをすることができるので、おすすめです。また、最近では、遺族の負担を軽減するためのプランなどもあるので確認してみましょう。

最近注目されている葬式

最近大東市で注目されているのは、家族葬です。家族葬は、遺族と親族だけが参列する小規模の葬式です。参列者が全て身内なので、参列者への対応がなく、故人としっかりお別れすることができます。また、費用を抑えることもできるので、とてもおすすめです。

葬式選びのポイント

葬式を選ぶ際に、故人や遺族の意志を尊重することができます。無理せずに自分達に合った葬式を見つけましょう。最近は、遺族の負担を少しでも軽減するために、遺言書で家族葬を希望する人が多くいます。残された遺族のことも考えて、葬式を選びましょう。

家族葬の口コミをチェックしてみよう!

妻のおかげでしっかり見送れました。

初めは、最後くらい盛大に見送ってもらえばいいのにと思っていました。しかし、実際に葬式をすると、妻が私達の負担を考えてくれていたことが分かりました。最後にしっかり感謝の気持ちを伝えられてよかったです。

ゆっくりお別れすることができました。

妻が生前、家族だけで静かに葬式を行なって欲しいとお願いされていたので、家族葬を行うことにしました。家族だけで見送ったので、パタパタすることもなく、最後の時間を家族でゆっくり過ごすことができました。

50万以内で費用を抑えられました。

父の葬儀で、家族葬をしました。葬儀の費用がなく、50万円で依頼したのですが、快く受け入れてくれて、安心しました。父としっかりお別れをすることもできたので、大満足です。